現在〜いま〜という時間軸

友人の内村君よりお米を頂きました。
米穀店を営む彼が、契約農家で収穫した「高岡のお米〜ひのひかり」です。
ありがたく頂きます!
※販売していますから、希望の方には彼の連絡先教えますよ〜




さて、昨日早朝にi-phoneをパソコンと同期しようとしたら、突然固まって動かなくなった…。

…うん?再起動もできない。

四苦八苦した揚句に、結局ソフトバンクショップへ持ち込み、「初期化の刑」に…。
バックアップしていなかったデータやアプリ、写真などが成仏。
みなさん、ちゃんとデータ管理しましょうね(涙)。

さて、i-phoneを買って1か月ほどが経ちますが、毎日新鮮な驚きで楽しんでいます。
この小さな箱の中には”未来”が詰まっている感覚。
iphone for everubody"
このキャンペーンキャッチフレーズは、きっと数年後には実現するのでしょう。
このデバイスは、自由にソフトウェア(アプリ)を組み替えて
自分だけのミニコンピュータをつくることができます。
つまり、“現在自分が関心があるカタチ”にいつもアップデート出来るということ。

この“現在”という時間軸が、一つのキーワードだと思います。
通常、携帯電話を買うと2〜3年間の割賦販売方式によって買い替えが困難です。
つまり、”過去のテクノロジー”を使い続けなくてはならない苦痛が伴うわけで
i-phoneはそこから一気に解放してくれる。
デバイス自体は買い替えなくても、
中身はいつでも”現在”の関心で埋められるのですから
いつも新鮮な気持ちで愛着のある自分だけの個性が楽しめます。

そんな中でマイブームは「Twitterツイッター」です。
140文字の中でTwit(つぶやく)する単純なコミュニケーションが面白い!

2000年6月に生まれた一つのアイデアメモが、世界中をつなげることになる…。



私も、会ったことのないMy Twitt(ツイッター仲間)との会話を日々楽しんでいます。
既存のメディアと違う点は、”即時性”であろうと思う。
140文字という制限が、“現在”を表現するのにぴったりだからだと思います。
新聞は昨日以前の情報であり、テレビニュースも基本的には過去の事象を繰り返します。
ブログも記入する時間を考えると、最低でも数十分遅れるわけで…
そう考えると「今、この瞬間を共有する」ためには
この140文字の制限が”即時性”を生み出しているのだろう。
”Follow Me〜フォローミー”の掛け声のもとにつながっていく世界。
しばらくは、ここから抜けられそうにないな〜。

フォローミー@ippeichan


ところで、i-phoneを使い始めて気づいたことが一つ…。
それは、
「宮崎の中心部には、自由に使えるFree-Wifi〜無料の無線スポット〜が少ない!」ということ。
これはPCを持って仕事をしたいビジネスマンにとっても
大変ストレスです。
海外では、カフェやバーはほとんどFree-Wifiを設置してあるのが当たり前。
シンガポールでは、国策として公共施設はほぼ100%のWifi環境を実現しています。

…と、いうことで、早速設置しました!

CORNERは今日から世界とつながりま〜す。



これで、Skipeを使えば電話も無料、YouTubeも見放題、Twitterもすいすい…。
外国から来ている皆さんも助かりますよね。

まちかどのバールで、ビール片手に世界と繋がり、
今の瞬間を楽しむ”光景が目に浮かびます!!





Follow Me on Twitter
@ippeichan














だんだんと…冬の空気

少しずつ、クリスマスの足音…

Tully's限定ミニティディ/冬バージョン!



イルミネーションついた



ティラミスラテ♪



CORNERパテさとちゃんのガトーショコラ…絶品!!




そういえば、こんなCMあったね…。

まだ携帯電話がない時代の、淡い思い出。




少しづつ、街が冬の空気に染められていきながら

なんとなく”浮ついていく感じ”が好きです♪





Follow Me on Twitter!
@ippeichan




二人目の師匠

ある客様との思い出。

その方は、いつも一人でぽつんとカウンターの中央にお座りになる。

「握りを一人前…はい、おねがいしますね」

先代(父)が倒れたばかりでカウンターを任されることになった私。
緊張しながらお得意様に握る鮨屋のカウンターである。

90歳を超えた高齢であるから、硬いものは好まない。
失礼のないように、慎重に出来るだけ食べやすいネタを選ぶ。
お酒を召し上がるわけでもなく、1時間以上かけてゆっくりと食事を召し上がる。
「俺は寿司を食べるから、酢を食べるから長生きできる」
そういって、多いときには週に2〜3回お越しになる。

2〜3年過ぎたある日、この方が食べ切れず残した…。
私は反省して、シャリの分量をさりげなく減らした。
お帰りの際に、
「うん、おいしくなったね」とお褒めの言葉を頂く。

さらに数年が過ぎ、だんだんと食べ終わる時間が、さらに長くなった。
しゃりもさらに減って、小さな握りになった。
失礼は承知で
「握りを半分に切りましょうか?」
と尋ねる。
1かんを半分に切って、8ネタ…
小さな16口分のすしを2時間かけてゆっくりと食べる。
「おれは寿司を食べるから長生きなんだ」
90歳も後半に入るが威風堂々とした得意様である。

高齢だが、いつも自転車でお越しになる。
ふらふらとした運転を心配して自転車を点検してみると、
空気が全く抜けている。
気を利かしてタイヤをなおしたら、激しくお叱りを受けた。

「空気が入りすぎたら、スピードが出て危ない。
おれにはスピードは要らない。ゆっくりと乗りたい。
勝手をするんじゃないよ。」

一人前900円の握り鮨。
カウンターに2時間。
半分に切ったにぎりずしをひとネタずつ、ゆ〜っくりと食べる。
忙しい時には他のお客様が怪訝そうな顔をされるときもある。
時に数万円のお客様を御断りしなくてはならないのだから
心の中で邪魔に感じる時もある。
それも”我関せず”なのか
相変わらずゆ〜っくりと”いつもの食事”をする。
そしていつものように
「おれは寿司を食べるから、長生きできる」

ある日、この方の若い時の話を聞いた。
2時間じっくりと、何度もなんども繰り返す言葉…。
若かりし日の御活躍を語るときは
窪んだ眼の奥がぎらりと光る。
議員さんとして地域の活性化に尽力されたという。

「あんた、まちなかでがんばってるね。」
「若い人がしっかりやんなさいね。」

褒められてうれしかった…。



ある日、いつものように店に行くと空気が沈んでいた…。
従業員から悲しい知らせを聞いた。
2日間いつものように静かに眠りつづけて、
そして大往生だったらしい。

お得意様にはいろいろなことを教えて頂いた。
飲食業に携わる者は、思い出を繋いで成長していく。

”おいしい”ということの意味。
”食べる”ということの意味。
そして、
”繋いでいくこと”の大切な意味。



いまでも、時折がらりと戸が開いて、想いでのお得意様が語りかける。

「はい、おねがいしますね」
「俺は寿司を食べるから長生きできる…。」
「若い人が、がんばりなさいよ」

「はい、おいしかったよ。ありがとさん」

空気の抜けた自転車がチリンと鳴る…。


合掌。




Follow Me on Twitter !
@ippeichan























”先生”って…

宮崎は、全国で2番目(…もちろん下から)の低所得地域である。

市町村所得計/2兆4,747億円 (前年比-1.3%)
人口1,148,414人 =所得実数215万5千円



上のグラフを見ると、この10年間で市町村民所得が約20%も減少(!)していることが分かる。
※ただし、個人の所得(給与)水準を表すものではなく、
 企業の利潤なども含む県民経済全体の水準

行政を会社経営に例えれば分かりやすいと思うのだが、
もし”不景気につき…”という理由で給与を年々減らしていって、
10年間で2割も所得を減らせば
社員は誰も会社に残ってくれない。
もちろん、上場企業であれば
役員は全員とっくに責任を取らなければならないし
社長および役員は”クビ”である。
この数字に対して、地域の首長、県議会議員、市議会議員はどんな責任をとるのか?
経営能力の欠如した行政につきあわされる“社員=市民”は悲劇である。
20%の県民所得を減らした一方で、彼らの給与はどうなっているか…?
考えるのもばかばかしい


などと勝手に怒っているのは、理由がある。
ある懇親パーティの中で、議員の”先生”に、こう言われたからだ…。

「君たち一生懸命地域活動をしているのは評価するが、
一方で自分の商売は大丈夫なの?
商店街のイベントを考えるまえに、空き店舗を何とかしないと
市民は街に来てくれなくなるよ…。
通行量調査でこれ以上人が減るようだと、
大きな投資をした○○も批判されるな〜…。
結局街の人も言いっぱなしで責任取らないからなあ。」

もしも〜し…!!!

都市計画マスタープランの根幹である「中心市街地」の付加価値政策は
本来あなたの仕事なんじゃないのかい?
なんという無関心…。
あきれて悲しくなる。

宮崎の政治には人材が不足している。

我々が心から信頼し、信託できる様な”先生”はいないのか?
アドレナリン全開の”言葉と実行力”を持った人材が現れなければ
閉塞感とともに、田舎の貧乏地方都市はますます沈んでいくだろう…。
経営感覚の無い”先生”に、ましてや経済を語る資格など無い。

来年は宮崎市長選があるが、
市民所得を2期8年で30%向上します
などといったマニュフェストを掲げる人がいたら間違いなく一票入れます!




気を取り直して(毎度生意気でスイマセン…)、
近況報告&フォトアルバム。

六ちゃんの披露宴
心から、おめでとう!!









2次会@CORNER







中央会青年部様40周年記念式典。
PDのパネリストで参加しました。

K会長スゴイ!




タリーズコーヒーは、ホリデーロースト発売!
いよいよクリスマスまでカウントダウン…はやっ。



カップもクリスマスバージョンに変わります。





話題のイルミネーション。
カリーノ宮崎前の「T-テラス」♪





友人が人情横丁にオープンした新しいお店「とん寅」。
豚肉炭火焼専門店。
おめでと〜!









ところで、明日からCORNERのHPが一新します(!)
スタッフ全員でブログ書くことになりました。
個性的なCORNERスタッフの素顔が見えて、楽しいHPになりそう♪
乞うご期待〜!



Follow Me On Twitter!
@ippeichan



















繋がる感動

18歳で渡米した。

当時は携帯電話もないので、コミュニケーションは固定電話か手紙だけ。
故郷を離れるときは、もう二度と会えないような気持で友人たちに手を振ったことを覚えている。
今考えると、待ち合わせとかどうやってたんだろう?
場所と時間を指定して、少しでも遅くなると不安になって…。

あれから20年…(はやっ!)

昨夜TwitterやFacebookで検索したら、10年以上前に別れた海外の友人たちが次々と見つかった(!)
コミュニケーションはワンウェイから双方向に変化し、
時間と場所を超越した。
ある友人は思いがけずフードビジネスにいて、
あっという間にビジネスの話に発展する。
次世代Webマーケティングの話をブログに書いたら、
USAタリーズはしっかりと始めていて嬉しくなった。
イギリスに住んでいる友人は、日本語なので意味の分からない私のブログを”見て”くれているらしい。
繋がっていく感動で心の芯が熱くなった。

”情報”は取りに行く時代。
待っていても誰も与えてくれないが、
積極性を持てば、どんな人や場所とも繋がっていける。
これからもコミュニケーションは
瞬きのごとき速さで進化していくんだろうな。
考えると楽しくてワクワクします!


さて、今日は朝からかなり忙しい…
しっかりテンションあげてがんばろう!


あと、新しいPCも届く予定。
かなりうれし〜〜〜〜〜。
調子悪くてできなかったことがいろいろとあるので
またしても”進化”しちゃうかもね!

現在使用中の愛用PC/LOOX T50Sはかなり愛着あるので
初期化したら生き返るかな…?


<お知らせ>

タリーズコーヒーテイスティングクーポン
ココから登録頂けば、クーポンもらえますよ。

②宮崎県中小企業団体青年部様主催
 明日、40周年記念式典のパネルディスカッションに
 ゲスト参加します!
 PDテーマ「成功への道 意識を変えればCHANCがいっぱい
 ※名刺をお持ちいただければ、会場入れますよ〜。
  詳しくは宮崎県中小企業団体中央会まで
  電話(代表).(0985)24-4278

③お得な忘年会プラン 
 大人気のCORNERの忘年会プランです。
 盛り上がりましょう!
 





Follow Me On Twitter!
@ippeichan



 













« Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ