エブリワン♪

九州うまかもんフェア開催中のエブリワンへ。

弊社は、レタス巻きの監修協力をしていますので、気になって売り場視察に行きました。



ありました(!)

たくさんのレタス巻き。



初日に見た時よりも、たくさん入荷していました。
店員さんに聞いたら、”好評”だとのことです↑↑↑

ちょっと残念なことは、煩雑に並べられていて分かりずらく、
また積み上げすぎて商品が”つぶれて”しまっていたこと。
せっかくの関係者の苦労を思うと、”想い”が伝わりきっていないようでちょっと悲しい…。

思わず隠れて、ラベルの位置をきっちり合わせて、並べなおしたりして…。
“変な客”って思われなかったかな〜(笑)。

5本ほど店に買って帰って、みんなで試食。



コンビニ商品としては(失礼な表現ですが…)、良い出来で、145円はグッドバリューだと思います。

本物のレタス巻き風に盛りつけてみました↑↑↑
ちょっと醤油をつけて食べると、一層マヨネーズと海苔の風味が引立ちます。




この杖立温泉のプリンは絶品!
まじうま”でした!
特に小国米プリン(240円)は、底にビックリするものが入ってます。



もちろんこれも買って帰りました♪
名物ふわふわエブリパン




今回のレタス巻き発売に関しては、
あの”やまけん”さんも自身のブログに記事を書いて頂いたようです。

感謝!

『やまけんの出張食い倒れ日記』




今日はお盆の入りにつき、
亡父(先代)の墓参りに行き、
迎え火を焚きました。

ご先祖を迎える火をじっと眺めていると、

いつの間にか、

ざわついた心が心静かに澄んでいくのがわかります。

”おやっさん(父)”に見守られながら、忙しく、多くのお客様を迎えるお盆の週末。

全てのお客様に、心から感謝しながら頑張ります!












九州縦断ドライブ

お盆の繁忙期を前に、福岡〜熊本へと出張をしました。

セミナーDVD5枚を買いこんで、”学びながら”一人長距離ドライブ。

お盆前から高速1000円だと思い込んでいたところ”勘違い”で、
料金所での「6000円です♡」と明るく言うETC音声に、
”なに〜!”って一人で突っ込みながらも、無事到着。

店舗契約更新の打ち合わせなど数件を終わらせ、中洲でラーメン。

翌日は熊本へ…。

熊本の目的は、11日から「九州うまかもんフェア」がスタートしているエブリワン本部へのご挨拶。

弊社の監修協力商品のレタス巻きは、カテゴリー(寿司)としては、とても好調なスタートだとのことで、うれしい限りです。

その後、このご時世でも堅調に客数・売上が伸びているというイオンモール熊本クレアを視察。



とてもテナントのバランスが良い印象。

こうやってフロアを客席として使い、空間で”賑わいを作る”手法は、
海外のモールでは良くありますが、
日本では”面積の契約…”等の概念が細かく、あまり見かけないですね。



タウン情報誌が監修する地域色の濃いテナントも、面白いアイデアです。




このモールには、とても美しいタリーズコーヒー店舗があります。
素晴らしいホスピタリティのフェロー達としばし談笑。
九州のタリーズ仲間に会うと嬉しくなりますね!





帰り道で、おいしそうな看板を見つけ、つまみ食い〜。



ちょっとマイブームになりつつある

たい焼き君でした↑↑↑















お知らせ 【エブリワン×一平寿し】

この度、株式会社ココストア様の夏限定企画において
弊社「一平寿し」監修の元祖レタス巻き
九州全域のエブリワン(ココストアグループ)にて発売されます。

九州うまかもんフェア
8月11日(火)〜31日(月)

九州うまかもんフェア


実は2年ほど前にも某大手コンビニからお話を受け
「レタス巻き」の監修協力をしたのですが
思うような商品が作れず、
結局満足できない味のままの発売…
非常に後味の悪い思いをしたので、
今回のお話も最初は、本当は断ろうと思っていたのです。

ですが、

「宮崎の味をぜひ九州全域で紹介したい」

「満足いくまで、何度でもサンプルを作りなおします!」

…というココストア様の情熱に打たれ、チャレンジすることになりました。

あれから、幾度となくサンプルを作りなおし、
宮崎、福岡と場所を超えて(しつこく…笑)ミーティング。

やっと合格点の味になった時は、心から嬉しかったですね!




数か月にわたり、サンプル製造/研究開発を行って頂いた
スタッフの皆さん、ありがとうございました!

明日11日(火)から、
いよいよ九州全域で発売です。

エブリワンHP

祈大成功!!







A Short Trip To ”都城”

都城エリアのタリーズコーヒー×2店舗。

ハンズマン吉尾店のアニバーサリーブレンド。
12周年の限定ビーンズです。

アニバーサリーキャンペーンの情報はこちら



笑顔のフェロー…いつもありがとう



イオン都城SC店。

この店は、ビーンズ(コーヒー豆)販売日本一(!)



限定のサマーバッグも好評発売中です。





店舗訪問後に、「ウェルネス交流プラザ」へ。
施設視察をさせて頂きました。
都城まちづくり株式会社が運営をしていて、いつも様々なアイデアでイベントを開催しています。
関係者に方と話をさせていただきましたが、地域との連携がまだ十分ではなく、“点から面へ”の展開手法を模索中とのこと。
我々、Doまんなかモール委員会の活動も大変興味を持っていて、様々な意見交換をさせていただきました。







ムジナロックフェスティバル♪

手作り感あふれるイベントですね。



ミーティングコーナーには、たくさんの地域の子供達。



カフェコーナー”ほっとカフェ”





その後、市街地の大丸センターモールへ。

都城JC主催の「愛郷〜よかとこ〜フェスティバル」



街なかでは「盆地祭り」開催中…ですが、あいにくの大雨(涙)。



センターモール内では、”リラッくま”に出会いました。

おもわず記念撮影…年甲斐もなく…すいません(汗)




今日も様々な”気づき”を頂きました。

感謝!





「なぜ?」→「「どうすれば」

サマンサタバサ社長/寺田和正著
3年に一度は「勝利の法的式」を変えなさい

寺田氏の自叙伝のなかに、独自の成功法則・思考法が描かれていて面白かった。

”「なぜ」と問うのではなく、「どうすれば」と問え。”

なぜ〜できないんだろう…?
なぜ、わかってくれないんだろう?
なぜ、うまくいかないんだろう?

↓↓↓

どうすれば〜できるだろう?
どうすれば、わかってもらえるだろう?
どうすれば、うまくいくだろう?

「なぜ」を「どうすれば」に変えれば、180度違う言葉になる。

「なぜ」は過去に問う言葉で、「どうすれば」は未来に語りかける言葉。

チャンスは、文句を言わない人にやってくる。

うん、そのとおり。

良い本と巡り合いました。





昨日は、一番街”こんねまつり”が開催されました。
アーケードにイス・テーブルを並べて、一番街のテナントが料理や飲み物を準備します。
100%商店街だけで開催する手作りのシンプルなイベント。
大変多くのお客様にお越しいただき大盛況でした!
工夫次第で、商店街は甦ります。
中心市街地は大きなポテンシャル(潜在可能性)を持っている。
この可能性をどう活かすか…?
たくさんのヒントと収穫があり、勉強になったイベントでした。

オープニングは、あきばカフェの”萌え”メイドさん♡



一番街の皆で、料理やドリンクを準備しました!



笑顔の理事長。





6時すぎて、まつりが盛り上がり始めたところで、後ろ髪引かれながら移動…。

JCの委員会に参加。




時々、”仕事”と、”ボランティアや街づくり”とのバランスがわからなくなります。

すでに、私の街づくりの理念と、会社の社会貢献としての理念は完全に同化してます…(笑)。

でも、きっとバランスなんて関係ない。

”街の元気””人の元気”になり、そして最後に、企業の街への貢献度が“報酬”となって帰ってくるのでしょう。

「なぜ宮崎のまち(市街地)は元気がないのか?」
↓↓↓↓
「どうすれば、まちなかは元気になるのか?」

商店街にある、すべての店・企業が心を一つにして
”おまつり”に参加すれば、街は楽しくなる。

市街地には、様々な種類の“おまつり”が存在するのです。

これらを「単なるイベント」として捉えるか、「街ぐるみのブランディング活動」として積極参加するか…?

1年間のうちの数日間を、街の為に“開放”するだけで
街も、店も、企業も繁栄するのです。

”Isn't that simple thing to do?”

分かっている店だけがすでに実践している
「商店街の成功法則」

120%の可能思考。

今日も元気に、笑顔で頑張ろう!
























« Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ