一流の心構え

CORNERにて

宮崎国際音楽祭の公式イベント

「もう一つの小さな音楽会」行われました♪

普段は海外で活躍されている

マリンバ奏者塚越慎子さん

その素晴らしい演奏を

わずか25名で堪能できる貴重で贅沢な時間。

演奏後には

余韻を楽しみつつ

オリジナルのデザートをお楽しみいただきました。

CORNERのお客様も、

きっと満足していただけたことと思います。




それにしても感動したのは

わずか25名のコンサートの為に

2時間近く早く会場入りし

1時間にわたるリハーサルを行っていたこと。

それも、曲をまるまる演奏するような真剣さ。

それをサポートする

スタッフの皆さんの動きも素晴らしかったです。


数百人、数千人の前で演奏する時の

普段のコンサートと同じ準備、同じルーティン。

決して手を抜かないこと。

25名のお客様も、2500名のお客様も

同じように感動させるというプロの意識。


世界的ヴァイオリニストの

徳永二男さんも来場されましたが、

一流の演奏家の皆さんは

普段はとても温かく、

やわらかな笑顔の一方で、

演奏時の刺すような真剣な眼差しが印象的。


芸術、音楽、スポーツ、学者、起業家…

人種や言葉、文化を超えた世界で

一流の技術と感性のせめぎ合いの中に生きる

プロフェッショナルな人たち。

きっとすごい緊張感なんだろうな〜。

それを超えてパフォーマンスを発揮するためには

人並み超えた練習と、

経験に裏打ちされた自信が必要。

メンタルの強さや、

自己のコントロールもきっと大切な要素。


それにしても、

そんな極度の緊張感を超えた世界の

向こう側にある官能の景色は

どんな色なんだろう?


第14回宮崎国際音楽祭

5月23日までです♪






信じるチカラ

宮崎市中心市街地

Doまんなかモール委員会のイベント

サンデーマーケット&ドマンナカクエスト(スタンプラリー)開催。

ドマンナカクエストは、

ボランティアや学生さん達が中心となって

数か月がかりで準備をしてきました。

登録数が心配されたスタンプラリーは

ぐんぐん申込者が増えていって

最終的には驚くほどの参加数でしたね(!)

情熱は決して裏切らない。

成功おめでとう!!




先週木曜日からは

都城にて、ビーチバレーのJBVツアー

「霧島酒造オープン」が開催されたので

友人の西村晃一くん率いる

WINDS(ウィンズ)のサポートをさせてもらいました。



また、今後の宮崎での活動について

Doまんなかメンバーや

街のコアメンバーと会談。

今年もアツい夏になりそうです…(!)



西村晃一さんは

日本でのプロビーチバレーのパイオニアであり

35歳現役&第一線のプレイヤーです。

H.Yグループ会長の半田さんも交えて

久しぶりに色々と語り合ったのですが

一流のスポーツ選手や、成功している起業家に

共通の感性を学ぶことができました。

感謝!


①明確な達成イメージをもって、それを実現している

②とても強い臨場感を持ちながら目標を設定している

③自分のスタイルを貫き、他人に影響されない自己イメージの確立

④厳しいセルフマネジメント能力

⑤おつきあいにおける、すぐれたバランス感覚

⑥高いプレゼンテーション能力、自己表現能力

などなど…


起業家・事業家には、常に新しい学びと刺激が必要です。

このような素晴らしい”刺激の機会”

少しでも多くの宮崎の仲間たちと共有できるような

「この人の言葉を聞きたい!」を実現して、

”学びの場”を提供できるような

新事業も企画中です。

近日案内できるかな〜。


お手伝いをしてくれたヒラキン、テラちゃんにも感謝です!
















不断の努力

1961年、1月20日 ホワイトハウス

有名なケネディ大統領の演説の一節

…My fellow Americans, ask not what your country can do for You. Ask what you can do for your country.

”アメリカ国民よ、国があなたたちになのをしてくれるかを期待するのではない。あなた方が、国の為に何ができるかを考えよ”

そしてこの演説は、こう続く。

My fellow citizens of the world, ask not what America will do for you, but what together we can do/ for the freedom of man.

"敬愛なる地球市民の皆さん、アメリカが皆さんに何をしてくれるのかではない。人類の自由の為に、ともに何ができるのかを考えよう”


50年後のニッポン。

政治家は、市民・国民への甘い言葉で票を誘う。

国民、市民は際限なく”自分”への利益を求める。

利益を求める企業のリストラクションを批判し

消費税増税には怒りを露わにする一方で、

未来への負担先送りである○○無料化や

まやかしの給付金には歓喜する。


つねにリターンを期待する

一億総”甘え”の体質。


ニッポンは物質的に豊かな国になった。

しかし、自殺者は年々増えているという。

きっと、”生き甲斐”や”やる気”は、

受動的な生活、思想だけでは湧いてこない。

「私は地域の為に何ができるのか」

「私は会社の為に何をすべきなのか」

「私が友人に対してできることは何なのか」



主体的に、そして能動的に考え行動すること。

自ら”与える”ことのできる領域、

貢献できる分野、

影響力を発揮できる場所…

それを考えるチカラを

”能力・才能”と呼ぶのではないか。


100年に一度の世界的なディプレッションである。

”能力・才能”を示せないものは

やがて組織に必要とされなくなり

淘汰される厳しい時代になっていることに

本気で気付かなくてはならない。


何をしてもらうのかを期待するのではなく、

”自分は何ができるのか”を問われている。


国は助けてくれない。

行政は助けてくれない。

会社は助けてくれない。

友人は助けてくれない。

Heaven helps those who help themselves.

天は自ら助くる者を助くのである。

立志の思想は、

近代日本を創った先人の意志であったことを

忘れてはならない。



















福岡出張

昨日まで福岡へ出張でした。

今回の目的は

①物件立地の視察

②タリーズコーヒー全国フランチャイズリーダー会の
懇親ゴルフへの参加

③CORNERの店舗アイデアの為の視察

などなど…でした。


素晴らしいアイデアは机上や、会議では生まれない。

いつもそう思っています。


はっきりと問題意識(問題点)を自覚し、

目的を明確にしていれば、

ある瞬間に”はっ”と気づくことがあり、

そのアイデアが役に立つことが多い。

私は特に、色々な店や街並みを見たり、

刺激的な人たちとの会話の中で”気づく”ことを大事にしています。

今回の出張は短時間でしたが

天神・大名地区を、2時間ほど一人でくまなく歩き回り

様々な”気づき”がありました。

その意味では、非常に実りある出張となりました。


…懇親ゴルフは相変わらず、人に言えないスコアですが(笑)




アートなイベント

カリーノ2Fの

階段の踊り場のところに

小さなアート展を発見。



また、5月16日、17日には

こんな素敵なイベントも行われるらしい。




おおげさに言うと

”荒廃した”まちと

人の心を刺激し、

そして

新しい時代の風を吹かせるのは

”新しい感性”しかない。



文化ストリート × アート



良い組み合わせですね。


どうせやるんだったら

誰にも遠慮せず、思いっきり

既存(?)のルールをぶち壊せ!

秘めた欲望をぎらつかせて

自己表現の快楽を見せつけろ!


アーティスト諸君。


”MIYAZAKI"から生まれる

世界に発信できるような

次世代のプレイヤーを目指せ!


おおげさですか…(笑)?


« Prev || 1 | 2 | 3 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ