百人の一歩

物語の最初の一歩は、いつも誰かの情熱から始まる。


絶大な存在感、影響力、信用力を発揮しながら

ぐいぐいと成長をけん引していく

”カリスマ”リーダーのチカラ。


成長曲線の入り口にある

若い企業のアーリーステージにおいて、

もしくは組織変革のはざまに輝く”一瞬の隙間”において、

”カリスマ”のアントレプルナーシップの発揮を期待するのであれば

時に、常識はずれのギャンブル的成長戦略は必要だろう。

現に、どんな大企業でも、そんなステージは存在している。



しかし、それが発展していき、

大人の組織の体をなしていくと

”一人の圧倒的な存在感”が邪魔になることがある。



70年間残っている会社は、1000社に3社しかないという。



70年間とは、人間の寿命に符合していて興味深い。

生産年齢を20歳〜59歳とすれば、

ちょうど2代目〜3代目くらいが

ほとんどの企業における寿命ということだろうか?

全ての個人には限界がある。

組織は個人の力にのみ頼ると死んでいくのである。



つまり、ほとんどの組織は

個人のチカラ以上の”何か”が存在しなければ

長期間の持続的発展は不可能なのである。



「一人の百歩より、百人の一歩」

という言葉がある。



70年以上続く老舗企業や、

永続繁栄を義務とする”街づくり”の理念においては

常にサスティナブル(継続性)な発展の為の

方程式が求められる。

それは独自の組織づくり論であり、

人を育てる”人財”育成の理念(システム)である。


「一人の百歩に頼らず

百人が歩む一歩が大きな成果をもたらす。」


一人ひとりの情熱×百人


その情熱が大きければ大きいほど、

その一歩は道を作り、

偉大な未来を切り開く。



先日の日曜日、

宮崎の中心市街地では

学生たちが自ら企画・主催するイベントが開催され

100名を超える若者たちが

情熱を持って”本気の遊び”を繰り広げた。


これで良い…と思う。


100名で歩む一歩


特定団体・個人の権益や利益を追求しない

市民参加型の街づくり。

そんな”新しいスタイルへのヒント”を見た気がする。

「この活動は、だれも止められない大きな流れになる」

ほら吹きの予言が実現する日も近い。


最初の一歩を情熱で切り開いた

若き志士たちを応援しよう。

そして、それに続く新しい息吹を応援しよう!


「本当の成功者は、

苦しい時代に”次の準備”をしているものだよ」



宮崎の中心市街地も、10年後にはきっと勝っている。


今”次の準備”をしている組織は、

会社は、

個人は、

きっと次の世代の主人公になっている。








先生の先生

午前中の”濃い”ビジネスミーティングのあと、11時から講演。

タリーズイオン宮崎SC店で、トールサイズのコーヒー&ドーナツを買って県教育研修センターへ。

今日は、宮崎県の「教職員10年経過研修」の講師を依頼されました。

経験10年目を迎える、小・中・高校の教諭を対象としての研修会。

会場は100名強の先生たち。





仕事に向かうときのモチベーションと、中堅職員としての組織論などを45分間。

まさか”先生の先生”をすることになるとは…!

貴重な体験をさせていただきました。

教育は地域の未来を創る仕事です。

頑張れ!先生たち!





午後は数件の面談の後、山形屋へ。

ちょっとだけ物産展へ。

「長崎県の物産と観光展」





夜はCORNERにて、友人の社長就任パーティ。

はるばる大阪から駆け付けてくれた方もいて、

大いに盛り上がりました♪

おめでとう、タローちゃん!








皆さんに感謝しつつ、がんばりましょう!






オープンの日に思うこと

昨日、タリーズコーヒー/ハンズマン吉尾店が

グランドオープンいたしました。

たくさんのお客様、友人・知人にお祝いいただきまして

心から御礼申し上げます。

遠くはアメリカや、シンガポールからもメールが届いたりして

とてもびっくりしています…心から感謝!



すこし”天の邪鬼”なのですが、

私はグランドオープンはあまり楽しくありません。

心から嬉しいのですが、

楽しくないのです…(スイマセン!)


なんでだろう…と考えたこともあります。


グランドオープンまでの、

”ワクワクした感じ”が終わってしまうもの悲しさ。

そんな、祭りの後のような寂しさもあります。


しかし一番大きな要素は、

今では、はっきり分かっています。


それは店にとってグランドオープンの日は

「最低のサービスでお客様を迎える日」だからです。

もしろん、フェロー(従業員たち)は一所懸命です。

オープンまでに関わってくださった様々な皆さんの

苦労の汗や努力も良く知っています。

しかし、同じ290円のコーヒーのサービスであっても

他のお店で当たり前にできていることが

”すべて初めてのチャレンジ”となる初日。


そこには飲食店として最も大切なものが欠けています。


忙しい店内は煩雑になり目が行き届かなくなります。

フロアの空調やBGM音響に気を使う余裕もなく

ゴミが落ちていても気づかない。

テーブルの上には食べ残しが放置され

目に見えない様々なストレスが店内を支配していきます。

お客様もどこか遠慮していてくつろげない空間…。

新人フェローの恐怖感が伝染して

お客様を遠ざけてしまう瞬間もあるほどです。



オープンは、長い航海の始まりの日。

大きな不安に包まれる日。

しかも、飲食店のそれは、終わりのない航海なのです。



でもね、

毎日の努力積み重ねることで

静かに晴れた夜空に

声にもならないほどの美しい満天の星空を見て

そっと感動の涙を流す瞬間が必ず来ます。


お客様から頂いたこの手紙が

吉尾店のオープン前日に届いたことは

私には”神様からの贈り物”に感じるほどに

とても大きな気付きと感動を与えてくれました。





「今日よりも少しだけ明日が素晴らしい日になるように」

毎日少しずつ、

牛歩の歩みで改善と努力を重ね

いつか地域の皆様に

”無くてはならない場所”

と言っていただける日が来るまで、

そして、あの手紙がまた届く日まで

フェロー達とともに成長して参ります。

感謝。

人生を変える本

素晴らしい本と出合いました。

本を読んで涙を流したのは

久しぶりです。


「最後のパレード」
〜ディズニーランドで本当にあった心温まる話〜



私の愛する友人達

一平の社員たち

アルバイトのフェロー・スタッフ達

そして、敬愛なる商店街のみなさん…。

このブログを見てくれた私の仲間たちは

ぜひ、"すぐに"この本を買いに行ってください。



ディズニーランドで唯一”やってはいけない”ことは、『お客様を失望させること』

…それは聞いたことがありました。

ただし、”その意味”を本当に理解できる感性が

今まで私には無かったのです。

人は、いつからでも、どの瞬間からでも

劇的に進化することができると信じます。

様々な出会いを通じて、未来を変え、

成長することができるのです。



この本に描かれている数々の奇跡は

ある共通の理念のもとに生まれています。

この時代に成長している企業に

共通に流れている、”あの考え方”が書かれています。



その理念を心から理解し

自分自身が実践する。



私には”人生を変える本”になりました。

素晴らしい出会いに感謝。








Newタリーズ オープン!

弊社運営では5店舗目となる

新しいタリーズコーヒーがオープンしました!

ハンズマン吉尾店(本店・都城)のインテナントです。

大雨の中でしたが、800名が行列。

終日、多くのお客様でにぎわいました!





今回の店舗プロジェクトは、ハンズマン大園社長との出会いで実現。

「お客様第一主義」を掲げ

常に顧客満足を追求する、情熱的な人です。

 ”いっしょに日本一の店を創りましょうよ!”

その言葉と人柄に惚れて、今回のコラボとなりました。



今では宮崎県を代表する企業ですが

その歩みは順風満帆な時だけではなかったと聞きました。

そんなときに、「お客様の声に忠実に奉仕する」ことで

地域に必要とされる、”何でも揃うNo.1ホームセンター”のビジョンが開けたと聞きました。

事実、社長の机の上には、いつも”お客様の声カード”が高く積まれていて、

それらに全て目を通し、

出来る限り要望にこたえる姿勢を貫いているそうです。

お客様の声を、

“わがまま”ではなく“アドバイス”である

と受け止めて、

求められれば、たとえ「年間1点」しか売れなくても

それを品揃えする…。

強烈な”ハンズマン理念”への共感を生む考え方です。

とても全国流通大手には真似できない

一見非効率にも見える経営手腕に

緻密なマーケティングアイデアと情熱を感じます。

弊社の考え方とも共感するところが多く、

今後の展開も含めて共に協働できることが楽しみです♪


未来はいつも”出会い”から開けます。

スタッフとの出会い、お客様との出会いもその一つ。

ハンズマンの理念と、新タリーズの理念をひとつに重ねて

地域に愛される店に育てていきたいと思います!












« Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ