Sweets!

CORNERのメニューはすべて手作りです。
カフェメニューはトレーニングを積んだバリスタが、イタリア”チンバリ”製のマシンで一杯ずつエスプレッソを抽出して作ります。
夜のカクテルも、プロのバーテンダーが在籍していますし、フードメニューも冷凍の”チン”して出すだけのものはありません。
そして…甘党(!)の私にとってはSweetsデザートメニューは特にこだわっています。
すべてCORNERのパテシエによる自家製・手作りです。一つ一つ心をこめてクリエーションします。
たまには、シャンパン&スィーツの組み合わせもいいですよね。

↓お持ち帰り用に開発した「手作りシュークリーム」自信作です!手作りシュークリーム

↓写真は、宮崎市内の老舗「大盛うどん」の皆さん。ご来店ありがとうございました!
大盛うどんの皆さん

研修会

今日は、お昼の営業を休んで、全スタッフ参加しての研修会。
講師にシャトーレストラン・ベルエポックの金丸支配人をお招きして開催いたしました。
素晴らしい御講演と実践研修に感謝(!)です。
金丸氏によるマナー研修

Detail

Tully's橘通り店のランプ。
奥の赤いソファとともに、店内をあたたかい光で包んでいます。
これは、巨匠フランクロイドライト(Frank Lloyd Wright)のタリアセンという作品です。
さりげなく、自己主張しすぎず、そして飽きない普遍的なデザインが大好きです。
FLRランプ

Cafeの役割

中心市街地の衰退が街並みを変える。
暗いニュースが明日の希望をそいでゆく。
不景気なウワサが、疑心暗鬼をつれてくる。

こんな時代だからこそ、Cafeには果たすべき”役割”がある。

いつもだれかに会える場所。
自分のいちばん好きな時間を過ごせる場所。
大切な人との思い出がたくさん詰まった場所。

心のこもった一杯のコーヒーを通じて、人やまちを元気にしたい。この場所に来れば、そこに生きる人々に、いつも笑顔と活気を与える…そんな場所を創りたいと思う。

CORNERがある”一番街”は、宮崎市街地で一番古い商店街。
通称”ニシタチ”と呼ばれる繁華街とも隣接していて、今日も夕方になるとだんだんと賑やかな喧騒に包まれる。

子供のころに、父親に連れられて出かけた喫茶店があった。
週になんども出かけたその店には、コーヒー豆で作られた世界地図が壁に掛けてあった。
コーヒーの香りの店内でいつものクリームソーダ。
マスターと談笑し、大声で笑う父が大好きだった。
思い出がたくさん詰まったCafeには、温かい時間が流れていた。

どんな時代にも、Cafeにはまちを支える”役割”がある。

Old Table at Tully's



On The Street Corner of …Singapore

今年は、仕事で様々な都市を訪れる機会があります。

特にシンガポールは、南アジアの随一の美しい都市です。景観などのまちづくりの政策も秀逸ですが、なによりも多民族国家としての割り切った管理統治文化には日本にないカルチャーショックを受けました。
”Fine City”と呼ばれるほど様々な罰金制度がある国ですが、一般的な常識の範囲で生活していればほとんど制約を感じることはありません。
異文化の民族(中華系、インド系、マレー系、日系…)が入り混じって生活していますから、統一した厳しい法規統治が必要なのでしょう。政治(政府)の強いリーダーシップは、時に国民にとって”息苦しさ”に感じられることもあるようですが、確実にアジアNo.1の観光都市を目指して発展し続けています。
今年は,F1の世界初ナイトレースもありました。

写真は、オーチャードSt.の美しい”ガーデンシティ”景観と、使いやすい公共機関整備(バス&タクシーベイ)

Orchard St. Singapore
« Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ