不条理な戦い…

都城市に新しい商業施設がオープンしました(12月1日グランドオープン)
イオンモールMiELL都城駅前店
ご存知の方も多いとおみますが、都城市にはもう一つのイオンモールが存在します。
5年半前にオープンしたイオン都城ショッピングセンター

写真は、新しくオープンした「イオンモールMiELL」
イオンモールMiELL都城駅前店

これは、イオンモールグループの施設にダイエーが入る、初の事例です。

核店舗のダイエー
ダイエー都城店

都城市の人口は17万人(合併後)。
そこに大型のイオンモールが二つ…。

一方、昔からの商店街は、”崩壊”しています。
通りの50%以上のシャッターが閉まっているのですから、あえて”崩壊”と言います。

確かに、現代の消費者ニーズに合致していない商店街が衰退していくことは時代の流れであり、”仕方ない”と言ってしまえばそれまでです。

消費者の立場から言えば、新しいショッピングの選択が増えることは幸せ(?)に感じるかもしれません。

しかし、そこは熟考と考察が必要ではないでしょうか?

売り場面積が増えるということは、それだけ売り場当たりの”売上坪効率”は下がるということです。
つまり、(単純に言えば)10年前に同じ面積で商売をしていて、地域の売り場面積が2倍になれば売上は1/2に減るということ。
ましてや、人口17万人の地方都市に100億円アッパーのショッピングセンターが2つでき、大型家具専門店、大型家電量販店、大型ホームショッピングセンター、大型○○○…と次々にオープンすれば、従来からの地域経済がどうやって成り立つのか?
無論、人口が増えることはありませんし、一人あたりの収入が劇的に増えることもありません。
既存の商店が、この条件の中で勝てる要素はあるのでしょうか?

新しいショッピングセンターの中には、都城市内に昔からあったブティックやレストランも多数入店しています。
商売ですから、よりポテンシャルの高い場所(お客様の選択した場所)に移ることは、100%フェアなことです。
投資リスクを自ら負って新天地に活路を見出したわけですから、選択が正しかったかどうかは自己責任です。

広々としたモール型商業施設
MiELL内観

最近、郊外の大型ショッピングセンターが閉店する記事が目立つようになりました。
…すでに商店街は崩壊しています。
中心市街地は大型店出店により疲弊、郊外の大型店は過当競争、もしくは経済環境の変化により閉鎖。
あとに残るものは、荒廃したシャッター商店街と、郊外の広大な空き地だけ…。

本当に、商店街は消えてしまってもいいのでしょうか?
昔からの”思い出の街の風景”は必要ないのでしょうか?

残念ながら、一度”崩壊”した中心市街地〜マチ〜は、もう二度と帰ってくることはありません…。

24,000㎡・地上2階建ての広大な売り場面積と、1700台の無料駐車場、そして最新の100以上の専門店。
一方は、昔ながらの商店街…。

老人と若者が同じ条件で相撲を取るようなものです。

それでも、消費者は、店舗の”自助努力の欠如”を責めるのでしょうか?
政策の結果ですから、これは都城市民の選択そのものです。
不条理な戦いの結末は5年後には、はっきりしているでしょう。





ニシタチモール!

ニシタチモールのイベントが開催中。
”宮崎ゴルフマンス”という観光イベントの一環で、CORNER前ステージも盛り上がっています。
石川選手が活躍した先週のダンロップフェニックストーナメントに引き続き、今週はLPGA(女子)のリコーカップ開催中です。
秋〜初冬は、宮崎の最高のゴルフシーズンなのです〜!
イベントのステージでは、選手のトークショーなども行われ大変盛り上がっています。

ゴルフグッズのチャリティオークション
ゴルフマンス チャリティオークション

ニシタチには今日から提灯がお目見え。
すごくカッコイイ!
昔の盛り場の雰囲気もあり、柳の枝とも相まって、いいカンジですね〜。
ニシタチの提灯

魅惑のベリーダンス。
心なしか、男性の観客が増えてきたような…。
ベリーダンス!

早いもので、今週で11月も最後の週末です。
いよいよ来週からは師走に突入ですね!
忘年会も本格的に始まります。
体調に気を付けて、ホリデーシーズンを楽しみましょう!

Business Trip to Fukuoka ②

福岡出張2日目。
朝食は博多らしく(?)ラーメンです!

「元祖長浜屋」朝からお客さんがいっぱいです。
長浜屋ラーメン
ラーメン400円
ラーメン

本日の目的は、もちろんラーメン…ではありません。

CORNERで提供する最高のコーヒーの探究のために、九州の、いや日本のスペシャルティーコーヒー界を牽引する井崎克英さんのご指導を頂きました。
コーヒーは、生豆のクオリティ(生産地やグレードに対するこだわり)、焙煎の技術、豆の管理など追及すればするほど奥の深い世界です。
また、バリスタの技術によってまるで違う味になります。
本当にうまい一杯のコーヒーを提供するために必要なことは、やはり”情熱”なのです。
”情熱”を持って、妥協をせずに最高のスペシャルティコーヒーを追求したい、と改めて感じた一日です。

スペシャルティーコーヒー専門店「ハニー珈琲」のオーナー様。

エスプレッソの抽出について指導を受ける弊社FUMIO
部長。エスプレッソ研修

試飲で作っていただいたラテ。ミルクの甘みとエスプレッソの風味がベストマッチで、美しくうまい!
ラテ

午後のランチは、大名の老舗バル「MUSETTE」
BAL MUSETTE

歴史を感じる貫禄あるバリスタカウンター
BAL MUSETTE 2

今日はポテトのパニーニを頂きました〜。
Panini Lunch

最後は、店に飾るディスプレイなどを探しに天神エリアを探索。
センスよく、美しいCONRAN SHOPのディスプレイ
CONRAN Display

Z-SIDEもキレイなクリスマスイルミネーションでした。
Z-SIDE Christmas 2008

Business Trip to Fukuoka ①

今日は福岡出張の1日目。
朝の9時過ぎについたので、まずは天神のタリーズコーヒーで朝食。
今日から新商品が発売されていました。うまい!

タリーズ新商品のサンドイッチとミートパイ
Breakfast at Tully's

今回の主目的はタリーズコーヒーの九州エリアFC(フランチャイズ)会議です。
これまで4年間、九州エリアのFCリーダーを務めてきました。
任期満了で新しいリーダーと交代、引き継ぎです。

リーダー会議の様子(ちょっとカタメのガチ会議)
Tully's Meeting

博多駅の地下街を歩くと、美しいイルミネーション(写真はうまく撮れてませんが…)天井を埋め尽くすLED照明は、素晴らしいアイデアですね〜!洗練されています。
天神地下街イルミ

食事会の後、知人の経営するカフェ「Cafe The Launch」

写真はオススメのエアロバズーカ”マンゴー”。
いわゆるスムージードリンクですが、マンゴーの果肉感がGood!おいしかったです。
エアロバズーカ”マンゴー”

今日はせっかくの博多で好物のラーメンを食べる時間がなかったので、明日の楽しみにします!




Managing Director

今日は、地元金融機関主催のセミナーに参加しました。
講演者は、株式会社ゴトウ経営の後藤昌幸氏

ゴトウ経営 後藤氏

P×Q=売上高
V×Q=売上原価
PQ-VQ=MQ
MQ-F=G
PQ=VQ+F+G=経営方程式

上記の経営方程式は、経営者であれば日常当たり前に意識していることですが、これら”記号”の組み合わせや大小で”天国と地獄”を味わうこととなります。

「経営者は社員の2倍働け」「経営陣は1・5倍働け」…
つまり一般社員が40時間労働であるならば80時間。
これに付け加えるならば、「成功するためには人の10倍考えろ!」でしょうか…。

社長を英語で書くと”Managing Director"ですね。
つまり、役員の代表であり、会社に雇われているマネージャーです。
チームを勝利に導くことができないマネージャー(監督)は、勝負の世界では必要とされません。

後藤氏は、講演の中で「利益からスタートする」ということをしきりに話されました。

G+F=MQ

日々、勉強ですね!
CORNERが”日本一のカフェ”になるためには、しっかりとした理念と目標が必要だと考えた一日でした。





« Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ